大紀元時報

マニラ空港で羽田行き小型機炎上、8人全員死亡

2020年03月30日 11時11分
フィリピンの首都マニラの空港で29日夜、患者や医療関係者を乗せて羽田空港に向かう予定だった小型機が離陸の際に炎上し、乗員乗客8人全員が死亡した。写真は3月29日、マニラ国際空港で撮影(2020年 Manila International Airport Authority Media Affairs Division提供)
フィリピンの首都マニラの空港で29日夜、患者や医療関係者を乗せて羽田空港に向かう予定だった小型機が離陸の際に炎上し、乗員乗客8人全員が死亡した。写真は3月29日、マニラ国際空港で撮影(2020年 Manila International Airport Authority Media Affairs Division提供)

[マニラ 29日 ロイター] - フィリピンの首都マニラの空港で29日夜、患者や医療関係者を乗せて羽田空港に向かう予定だった小型機が離陸の際に炎上し、乗員乗客8人全員が死亡した。

空港関係者によると、8人のうち6人はフィリピン人、残りの2人は米国人とカナダ人だった。

赤十字の現地責任者によると、患者と付き添いそれぞれ1人のほか、医療関係者3人、乗員3人が搭乗していた。

事故原因は航空当局が今後調査する。

*ビデオをつけて再送します。

LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^