大紀元時報

独研究所、医療体制への重圧を警告 新型コロナ深刻化なら=新聞

2020年03月30日 13時20分
3月30日、ドイツの感染症対策を担う政府機関ロベルト・コッホ研究所のウィーラー所長は、国内で新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化すれば、同国の医療体制はイタリアのような重圧にさらされる可能性があると警鐘を鳴らした。写真はドイツで29日撮影(2020年 ロイター/ANNEGRET HILSE)
3月30日、ドイツの感染症対策を担う政府機関ロベルト・コッホ研究所のウィーラー所長は、国内で新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化すれば、同国の医療体制はイタリアのような重圧にさらされる可能性があると警鐘を鳴らした。写真はドイツで29日撮影(2020年 ロイター/ANNEGRET HILSE)

[フランクフルト 29日 ロイター] - ドイツの感染症対策を担う政府機関ロベルト・コッホ研究所のウィーラー所長は、国内で新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化すれば、同国の医療体制はイタリアのような重圧にさらされる可能性があると警鐘を鳴らした。

同研究所が29日公表したデータによると、ドイツ国内の感染者は累計5万2547人に増加し、死者は389人となった。

ウィーラー所長は独紙フランクフルター・アルゲマイネに対し、「患者数が人工呼吸器の数を上回る可能性は排除できない。当然、対応能力が不足する状況を想定しなければならない」と述べた。

ドイツでは当初、国外で感染した人が事例の多くを占めていた。

ウィーラー所長は、病院や高齢者施設で感染が拡大し始めれば、死者が急増する恐れがあるとし、「感染はまだ初期の波が来ているにすぎない」と警告した。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^