大紀元時報

新型コロナの英チャールズ皇太子、自主隔離終了 健康状態は良好

2020年03月31日 05時21分
新型コロナウイルスに感染していた英国のチャールズ皇太子が7日間の自主隔離を終えたと、皇太子の報道官が30日明らかにした。ロンドンで9日撮影(2019年 ロイター/HENRY NICHOLLS)
新型コロナウイルスに感染していた英国のチャールズ皇太子が7日間の自主隔離を終えたと、皇太子の報道官が30日明らかにした。ロンドンで9日撮影(2019年 ロイター/HENRY NICHOLLS)

[ロンドン 30日 ロイター] - 新型コロナウイルスに感染していた英国のチャールズ皇太子(71)が7日間の自主隔離を終えたと、皇太子の報道官が30日明らかにした。健康状態は良好という。

チャールズ皇太子は25日、新型コロナの感染が判明。症状は軽く、スコットランドで自主隔離し、自宅で公務をこなしていた。

英国王室によると、チャールズ皇太子は医師との相談の上、自主隔離を終了。今後は会合などを再開する。

妻のカミラ夫人は陰性だが、2週間の自主隔離を継続するという。

 

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^