大紀元時報

サウジとロシアは「クレイジー」、トランプ氏が価格競争を非難

2020年03月31日 05時23分
トランプ米大統領は30日、原油の大幅下落につながっている価格戦争を巡り、渦中のサウジアラビアとロシアを「クレイジー」と非難した。29日撮影(2019年 ロイター/ALEXANDER DRAGO)
トランプ米大統領は30日、原油の大幅下落につながっている価格戦争を巡り、渦中のサウジアラビアとロシアを「クレイジー」と非難した。29日撮影(2019年 ロイター/ALEXANDER DRAGO)

[ワシントン 30日 ロイター] - トランプ米大統領は30日、原油の大幅下落につながっている価格戦争を巡り、渦中のサウジアラビアとロシアを「クレイジー」と非難した。また、プーチン大統領と電話会談する計画も明らかにした。

トランプ大統領はFOXニュース・チャンネルとのインタビューで「原油価格を引き上げる必要があるかもしれないと言うことになるとは思いもしなかった」と発言。「足元の原油価格は非常に低い。サウジとロシアは原油供給を巡り狂ったように争っている」とし、「われわれは石油産業の壊滅を望まない。サウジとロシアだけではなく、あらゆる国にとっても好ましくないことだ。これはサウジ・ロシア間の原油供給を巡る争いであり、双方ともクレイジーになっている」と述べた。

またプーチン大統領と電話会談し、通商面や新型コロナを巡る問題、米国がロシアに課している制裁について協議するとした。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^