大紀元時報

米海軍、空母の乗組員に抗体検査実施へ コロナ集団感染で

2020年04月18日 08時47分
17日、米海軍は、新型コロナウイルスの感染が艦内で拡大した原子力空母「セオドア・ルーズベルト」の乗組員を対象に、新型コロナに感染したことがあるかどうか調べる抗体検査を実施すると発表した。写真はセオドア・ルーズベルト。3月5日撮影(2020年 ロイター/Kham)
17日、米海軍は、新型コロナウイルスの感染が艦内で拡大した原子力空母「セオドア・ルーズベルト」の乗組員を対象に、新型コロナに感染したことがあるかどうか調べる抗体検査を実施すると発表した。写真はセオドア・ルーズベルト。3月5日撮影(2020年 ロイター/Kham)

[ワシントン 17日 ロイター] - 米海軍は17日、新型コロナウイルスの感染が艦内で拡大した原子力空母「セオドア・ルーズベルト」の乗組員を対象に、新型コロナに感染したことがあるかどうか調べる抗体検査を実施すると発表した。

海軍で軍医総監を務めるブルース・ギリンガム海軍少将は「20日からコロナ感染に関する調査を開始する」と述べた。

同空母では、乗組員約4800人のうち600人近い感染が確認され、1人が死亡している。

LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^