大紀元時報

中国、コロナ感染の初期データ公表していない可能性=米大統領補佐官

2020年04月21日 11時37分
ナバロ米大統領補佐官(通商製造政策局長、写真)は20日、中国は新型コロナウイルスのワクチン開発に向けた競争に勝利したいため、初期の感染状況に関するデータを公表していない可能性があるとの見解を示した。2019年3月4日、ワシントンで撮影(2020年 ロイター/Leah Millis)
ナバロ米大統領補佐官(通商製造政策局長、写真)は20日、中国は新型コロナウイルスのワクチン開発に向けた競争に勝利したいため、初期の感染状況に関するデータを公表していない可能性があるとの見解を示した。2019年3月4日、ワシントンで撮影(2020年 ロイター/Leah Millis)

[ワシントン 20日 ロイター] - ナバロ米大統領補佐官(通商製造政策局長)は20日、中国は新型コロナウイルスのワクチン開発に向けた競争に勝利したいため、初期の感染状況に関するデータを公表していない可能性があるとの見解を示した。

米国は、中国で発生した新型コロナの感染拡大に関する初期のデータを共有するよう、繰り返し中国に求めている。

ナバロ氏は、FOXビジネス・ネットワークに対し「ワクチンを世界に販売できるとの商業目的から中国がワクチン開発を急いでいることが、このウイルスの初期のデータを公表していないとみられる理由の1つだ」と語った。

その上で「われわれはトランプ大統領の指導力により、中国に勝つだろう」と述べ、米保健福祉省(HHS)がすでに5社に開発を競わせていることを明らかにした。

現在、新型コロナウイルス感染症に対する承認済みの治療薬やワクチンは、まだない。ロイターの集計によると、20日1400GMT(日本時間同日午後11時)時点で、世界の感染者数は241万人超、死者は16万5854人超となっている。

米国では76万人以上が感染し、4万1100人超が死亡している。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^