大紀元時報

吉林省で院内感染が多発か、北華大学付属医院で95人隔離

2020年05月26日 17時19分
5月22日、吉林省吉林市内の集合住宅の出入り口で、市の職員らは防護服を着て住民の身分証明書をチェックし検温を行っていた(STR/AFP via Getty Images)
5月22日、吉林省吉林市内の集合住宅の出入り口で、市の職員らは防護服を着て住民の身分証明書をチェックし検温を行っていた(STR/AFP via Getty Images)

中国東北部の吉林省で、中共ウイルス(新型コロナウイルス)の感染が拡大している。同省吉林市の病院では、看護師1人の感染が確認された後、同僚や家族など95人が隔離措置の対象となった。

大紀元はこのほど、吉林省疾病予防管理センターが出した通知を入手した。これによると、吉林市船営区当局が5月15日、中共ウイルス感染症例1件を報告した。感染者は20代の女性で、同市の北華大学付属医院で看護師として勤務している。女性は5月14日に核酸増幅検査(NAT)を受け、結果は陽性。15日から隔離治療を受けているという。

吉林省疾病予防管理センターが出した通知の一部(大紀元)

通知によると、女性看護師と接触した95人(病院の同僚55人、家族2人、病院の患者とその家族34人、他の接触者4人)はすでに隔離観察を受けている。

中国メディアは、この院内感染について報じていない。

北華大学付属医院の担当者は5月17日、大紀元の取材に対して、同病院は15日以降、入院患者を受け入れていないと明かした。「入院治療を受けたい場合、まずNAT検査を受けなければならない」という。

一方、吉林省疾病予防管理センターの5月10日付の通知によれば、同省舒蘭市人民医院の職員1人が9日に感染を確認された。職員は40代の女性だという。濃厚接触者15人が隔離された。

同省舒蘭市公安局の女性従業員が5月7日、中共ウイルスの感染を確認されたが、感染源はわかっていない。その後、この女性を起点に、感染が市内から市外へと拡大し、隣の遼寧省瀋陽市まで広まった。当局は濃密接触者の追跡がこれ以上困難だとし、接触者情報の公開をやめた。

(翻訳編集・張哲)
 

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^