大紀元時報

トランプ氏「大統領選やり直しも」、郵便投票拡大なら

2020年08月19日 07時15分
トランプ米大統領は18日、11月の大統領選で大規模な郵便投票が実施されれば多くの問題を引き起こす恐れがあり、選挙のやり直しもあり得るという考えを示した(2020年 ロイター/CARLOS BARRIA)
トランプ米大統領は18日、11月の大統領選で大規模な郵便投票が実施されれば多くの問題を引き起こす恐れがあり、選挙のやり直しもあり得るという考えを示した(2020年 ロイター/CARLOS BARRIA)

[ワシントン 18日 ロイター] - トランプ米大統領は18日、11月の大統領選で大規模な郵便投票が実施されれば多くの問題を引き起こす恐れがあり、選挙のやり直しもあり得るという考えを示した。

トランプ氏は記者団に対し「(郵便投票なら)不正に終わるか、結果の出ない選挙になる」とした上で「選挙のやり直しをせざるを得ず、誰もそれを望んでいない」と語った。

トランプ氏は、郵便投票が不正選挙につながる恐れがあると繰り返し主張している。トランプ氏に選挙日程を変更する権限はない。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^