大紀元時報

ブラジル、米J&Jのコロナワクチン治験実施を承認

2020年08月19日 07時10分
ブラジルは18日、米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)が開発する新型コロナウイルスワクチンの臨床試験(治験)実施を承認した。ポルトアレグレの大学病院で8日撮影(2020年 ロイター/DIEGO VARA)
ブラジルは18日、米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)が開発する新型コロナウイルスワクチンの臨床試験(治験)実施を承認した。ポルトアレグレの大学病院で8日撮影(2020年 ロイター/DIEGO VARA)

[ブラジリア 18日 ロイター] - ブラジルは18日、米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)<JNJ.N>が開発する新型コロナウイルスワクチンの臨床試験(治験)実施を承認した。

ブラジルの医薬品規制当局国家衛生監督庁(ANVISA)は、6000人を対象とした治験実施を承認したと明らかにした。

ブラジルは米国に次いで感染者数が多いため、製薬各社のワククン治験実施が相次いでいる。これまでに英アストラゼネカ<AZN.L>が英オックスフォード大学と共同で開発するワクチンのほか、米ファイザー<PFE.N>と独ビオンテック<BNTX.O>が共同で開発するワクチン、中国シノバック・バイオテック(科興控股生物技術)<SVA.O>が開発中のワクチンの第3相治験実施が承認された。中国医薬集団総公司(シノファーム)<1099.HK>も承認が得られ次第、治験を開始する。

ブラジルの感染者の累計は340万人。感染による死者は10万8000人を超えている。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^