大紀元時報

インド、4人に1人が新型コロナ感染の経験者=民間研究

2020年08月20日 19時33分
インドでは新型コロナウイルスの感染経験者が、公式発表をはるかに上回り、少なくとも4人に1人に達している可能性があるとの研究が発表された。写真は仕事に向かう人たち(資料写真)。コルカタで6月に撮影(2020年 ロイター/Rupak De Chowdhuri)
インドでは新型コロナウイルスの感染経験者が、公式発表をはるかに上回り、少なくとも4人に1人に達している可能性があるとの研究が発表された。写真は仕事に向かう人たち(資料写真)。コルカタで6月に撮影(2020年 ロイター/Rupak De Chowdhuri)

[ムンバイ 19日 ロイター] - インドでは新型コロナウイルスの感染経験者が、公式発表をはるかに上回り、少なくとも4人に1人に達している可能性があるとの研究が発表された。

インドの主要民間研究所のA・ベルマニ博士が発表したもので、自社のThyrocareが全土27万件の抗体検査を分析した結果に基づいている。

それによると、抗体保有者の比率は平均26%となり、感染歴がある可能性が示された。

ベルマニ氏は、「これは予想をはるかに上回る水準だ。抗体保有の状況は、子どもを含む全年代で共通している」と述べた。

政府がムンバイなどの都市で行った検査でも、抗体保有率は人口密度の高いスラム街で57%となり、ベルマニ氏の発表と一致する水準だった。

ベルマニ氏によると、同社の調査は、過去7週間にインドの600都市で、料金を支払って検査を受けた人を対象に実施した。

現在の傾向が続けば、インドの全人口に対する抗体保有率は12月末までに40%に達する可能性があるとみられている。

保健省の統計によると、インドの累計感染者数は280万人で米国とブラジルに次いで世界で3番目に多い。

19日に確認された新規感染者数は6万4000人超、死者は1000人超だった。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^