大紀元時報

米ロサンゼルス市、潮だまりで密漁の中国人数十人を起訴

2020年09月19日 19時48分
米カリフォルニア州ロサンゼルス市検事は9月17日、密漁したとして中国人を含む45人を起訴した(ロサンゼルス市検事より)
米カリフォルニア州ロサンゼルス市検事は9月17日、密漁したとして中国人を含む45人を起訴した(ロサンゼルス市検事より)

米カリフォルニア州ロサンゼルス市の検事マイク・フォイヤー(Mike Feuer)氏は9月17日、同市の海岸地区にある町、サンペドロ (San Pedro) のホワイトポイントビーチで、無許可で大量のヘソアキクボガイやオマール海老などの海洋生物を獲ったとして、45人を起訴したと発表した。

当局によると、45人は、同地区の潮だまりで道具を使って密漁したという。起訴リストに記載されている名前から、45人のうち、約40人は中国人である可能性が高いとみられる。

フォイヤー検事は記者会見で、「COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の大流行で、職を失った人々の『絶望感』はわかる。しかし、このような方法で家族を養うのは正しい道ではない」と指摘した。

同州魚類野生生物局は5月にも、バールやドライバー、他の園芸用具を持参したグループがホワイトポイントビーチで海洋生物を獲っているとの通報を受けた。同局の担当者によると、中共ウイルス(新型コロナウイルス)の感染が拡大してから、密漁者が増えた。一部の人が、フェイスブックなどのSNS上で、ホワイトポイントビーチの潮だまりで「たくさん獲れる」と書き込んだことが背景にあるという。

フォイヤー検事は、許可があって少量であれば、獲っても問題はないとした。しかし、密漁者は1回で、一気にウニ77個を採取した。「これは、許可の2倍の数だ」という。また、同検事によると、密漁者からは、ヘソアキクボガイ1200個と季節外の漁獲が禁止されているオマール海老やヒトデも押収した。ヘソアキクボガイの数は、漁獲許可に定められた数の約35倍だという。

(大紀元日本ウェブ編集部)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^