<中共ウイルス>四川省も戦時宣言、複数の大学で封鎖措置

2020/12/09
更新: 2020/12/09
コメント

中国四川省政府は12月8日、中共ウイルス新型コロナウイルス)の感染拡大を受けて、戦時状態を宣言した。

中国メディアによると、省政府は、成都市金牛区、錦江区、成華区と郫都区の住民やレストラン、バーなどの従業員に対して、PCR検査を受けるよう命じた。成華区と郫都区の一部の地域は、感染の中リスク地域と指定され、当該地域の住民は自宅からの出入りが禁止された。

成都市の双流国際空港では、すべての利用者が、身体の健康状態を示す「健康QRコード」の提示を求められた。8日当日、同空港で約140の航空便がキャンセルとなった。

同市にある成都理工大学は同日夜、緊急通知を出し、関係者以外の立ち入りを禁止した上、校内に出入りする業者などに検温、健康QRコードの提示を求めた。また、同大学の教職員と学生に対して、校外へ出ることを禁じた。

中国SNS上では、同大学の封鎖措置が注目された。「成都理工」は8日、一時SNS「微博」の検索ワードランキングのトップとなった。ネット上に投稿された映像では、同大学の学生寮に救急車が到着し、防護服を着用した医療従事者の姿があった。在校生らの投稿によると、医療従事者は、濃厚接触者となった学生にPCR検査を実施しているという。

また、四川省南充市にある西華師範大学と西南石油大学でも、封鎖措置が講じられた。

西華師範大学の在校生は、大紀元の取材に対して、「学校側に南充市から出ないようにと言われた。外出は4時間しか認められない。今、学生は基本的に学校から出られない状況だ。成都市に行ったことのある学生は隔離措置を受けている」と話した。

四川省は、新規感染者が過去2日間で6人に急増したため、戦時状態に入ると発表した。中国政府が情報隠蔽を繰り返しているため、実際の感染者数は不明だ。

(翻訳編集・張哲)