米インド太平洋司令部のマイケル・スペーク北東アジア政策課長は、12月14〜16日に開催予定のMMCA全体会議で、中国人民解放軍が参加するのを待っている(U.S. Navy photo)

中国軍、米軍との会議をボイコット 米司令官「中国は合意を尊重しない」

インド太平洋司令部によると、中国人民解放軍は12月14~16日に予定された、オンライン形式の軍事海上協議協定 (MMCA) 作業部会会議の参加を拒否した。

フィル・デビッドソン司令官は、中国がMMCAへの参加を拒否したことは「合意を尊重しない」という中国の態度の表れであるとした。この会議のボイコットは、中国に合意を求めるすべての国へ注意を向けさせる事例になったと付け加えた。

米国と中国は、1998年以来定期的に会合を開催し、軍事海上安全の強化、海空における作戦上の安全の改善、米中両軍間のリスク軽減のための協議メカニズムとしてMMCA対話を実施している。今年の交流も、2020年の米中防衛関与計画のなかで合意していた。

米国防省は16日、引き続き中国軍と建設的、安定的かつ結果重視の関係を模索し、適切なフォーラムにおいて人民解放軍の懸念に対処していくとした。

世界で最も強大な軍事力を持つ2大国の関係は不安定になりつつある。2018年、米国防総省は隔年行われる環太平洋演習(RIMPAC)の中国軍参加招待を取り消した。その理由に、中国による南シナ海における軍事拠点化をあげた。中国は2016年の国際仲裁裁判所の判決を無視し、南沙・西沙諸島を拡張させ、滑走路やレーダーの軍事設備を進めている。

トランプ政権は、台湾政府の自治支援のため武器売却を進めた。中国はこれに反発し、8月、台湾海峡の中間線の越境や、青海省と浙江省から南シナ海に向けて中距離弾道ミサイルを発射するなどの威嚇を行なった。

中国軍は9月末、南シナ海と東シナ海の計3カ所で軍事演習を行った。

米国も台湾と南シナ海に偵察機を飛行させている。12月10日、偵察機U-2Aは東シナ海を飛行した。12月15日、無人偵察機MQ-4Cは南シナ海を飛行した。MQ-4Cのこの地域での活動は12月で3回目、7月からは6回目になる。

(翻訳編集・佐渡道世)