大紀元時報

マレーシアとシンガポール、高速鉄道建設計画中止で合意

2021年01月04日 13時41分

[シンガポール/クアラルンプール 1日 ロイター] - シンガポールとマレーシアは1日、延期されていた両国の首都を結ぶ高速鉄道建設事業計画を打ち切ることで合意したとする共同声明を発表した。マレーシアが代償として関連コストを負担するという。

350キロに及ぶこの鉄道建設計画は2013年に発表され、アナリストは総工費170億ドル前後と推計していた。

18年にマレーシアのマハティール首相が債務圧縮と前政権による大規模契約の見直しを公約して就任した直後、高速鉄道計画は停止された。その後5月、計画変更を議論するため停止期間が新たに6カ月間延長されていた。

両国の首相は共同声明の中で、マレーシアがいくつかの変更点を提案したが、12月31日の期限までに合意に至らなかったと説明した。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^