大紀元時報

モデルナのワクチン、イスラエルが使用許可 世界で3カ国目

2021年01月05日 12時52分
米バイオ医薬品企業モデルナは4日、イスラエル保健省が同社の新型コロナウイルスワクチンの使用を許可したと発表した。米国、カナダに次いで3カ国目となる。写真は、2020年12月21日に米国ニューヨーク州の病院で撮影されたモデルナのワクチン。(2021年 ロイター/Eduardo Munoz)
米バイオ医薬品企業モデルナは4日、イスラエル保健省が同社の新型コロナウイルスワクチンの使用を許可したと発表した。米国、カナダに次いで3カ国目となる。写真は、2020年12月21日に米国ニューヨーク州の病院で撮影されたモデルナのワクチン。(2021年 ロイター/Eduardo Munoz)

[4日 ロイター] - 米バイオ医薬品企業モデルナは4日、イスラエル保健省が同社の新型コロナウイルスワクチンの使用を許可したと発表した。米国、カナダに次いで3カ国目となる。

モデルナによると、イスラエル保健省は600万回分の供給を確保しており、1月中に出荷が開始される見通し。

イスラエルは、米ファイザーと独ビオンテックが共同開発した新型コロナワクチンの接種を昨年12月19日に開始。世界で最も接種スピードが速い国の一つとなっている。1月下旬までに感染リスクが高い国民全員の接種を終えることを目指す。

モデルナのワクチンは欧州連合(EU)、シンガポール、スイス、英国でも審査が行われている。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^