大紀元時報

仏、コロナワクチン接種対象に消防士・援助関係者を追加

2021年01月06日 09時49分
1月5日、フランスのベラン保健相(写真)は、新型コロナウイルスワクチンの接種対象に50歳を超える消防士・援助関係者を追加すると発表した。パリのワクチン接種会場で4日、代表撮影(2021年 ロイター)
1月5日、フランスのベラン保健相(写真)は、新型コロナウイルスワクチンの接種対象に50歳を超える消防士・援助関係者を追加すると発表した。パリのワクチン接種会場で4日、代表撮影(2021年 ロイター)

[パリ 5日 ロイター] - フランスのベラン保健相は5日、新型コロナウイルスワクチンの接種対象に50歳を超える消防士・援助関係者を追加すると発表した。

同相はRTLラジオで「ワクチン戦略を強化・加速・簡素化する」と表明。来週から300カ所でワクチンの接種を行う方針も示した。

フランスは4日、接種のペースが遅いとの批判を受けて、ワクチン接種対象に医療従事者を追加。同国では、高齢者施設の入所者を最優先とした最初の1週間で接種を受けた人が516人と周辺国に比べて非常に少なく、マクロン大統領がいらだちを募らせている。

同相は、自宅で生活する75歳以上の高齢者へのワクチン接種も今月中に認める方針を示した。

フランスの新型コロナ感染者は265万9750人と世界で5番目、死者は6万5415人と世界で7番目に多い。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
" async> %>
^