大紀元時報

米国で新たな変異種拡大の恐れ、対策本部が懸念=報道

2021年01月09日 21時20分
米メディアの報道によると、ホワイトハウスの新型コロナウイルス対策本部は、米国内でウイルスの新たな変異種が発生し、感染が拡大している可能性があるという見解を示した。写真は8日、ニュージャージー州の病院で撮影(2021年 ロイター/Eduardo Munoz)
米メディアの報道によると、ホワイトハウスの新型コロナウイルス対策本部は、米国内でウイルスの新たな変異種が発生し、感染が拡大している可能性があるという見解を示した。写真は8日、ニュージャージー州の病院で撮影(2021年 ロイター/Eduardo Munoz)

[8日 ロイター] - 米ホワイトハウスの新型コロナウイルス対策本部は、米国内でウイルスの新たな変異種が発生し、感染が拡大している可能性があるという見解を示した。NBCニュースが入手した文書の内容をCNBCが8日伝えた。

3日付の文書によると、この変異種は従来のウイルスより感染力が50%強い可能性があるという。

また、このところの感染増加ペースは昨年の春や夏の2倍近くになっていると、文書で指摘されているという。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^