大紀元時報

米FBI、両党本部で発見されたパイプ爆弾の情報提供に5万ドル

2021年01月11日 11時55分
1月8日、米連邦捜査局(FBI)は、共和党と民主党の全国委員会本部でパイプ爆弾とみられる不審物が1つずつ見つかった件で、容疑者に関する情報提供に最高5万ドルの懸賞金を出すと発表した。写真はFBIが公開した6日撮影の不審者の写真(2021年 ロイター)
1月8日、米連邦捜査局(FBI)は、共和党と民主党の全国委員会本部でパイプ爆弾とみられる不審物が1つずつ見つかった件で、容疑者に関する情報提供に最高5万ドルの懸賞金を出すと発表した。写真はFBIが公開した6日撮影の不審者の写真(2021年 ロイター)

[8日 ロイター] - 米連邦捜査局(FBI)は、共和党と民主党の全国委員会本部でパイプ爆弾とみられる不審物が1つずつ見つかった件で、容疑者に関する情報提供に最高5万ドルの懸賞金を出すと発表した。

また、パーカーのフードをかぶり手袋をはめた人物が何かを持つ映像も公開した。

ABCニュースによると、不審物はトランプ大統領の支持者が議会議事堂に押し入った6日に発見され、専門家が安全に処理作業を行った。議会警察によると、不審物は「多大な被害」を及ぼす可能性があった。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^