大紀元時報

米、アリババなど中国3社のブラックリスト追加方針撤回=関係筋

2021年01月14日 14時23分
1月13日、トランプ米政権は、中国のアリババと騰訊控股(テンセント)、百度(バイドゥ)を投資禁止の対象となるブラックリストに追加する方針を撤回した。北京のアリババオフィスで5日撮影(2021年 ロイター/Thomas Peter)
1月13日、トランプ米政権は、中国のアリババと騰訊控股(テンセント)、百度(バイドゥ)を投資禁止の対象となるブラックリストに追加する方針を撤回した。北京のアリババオフィスで5日撮影(2021年 ロイター/Thomas Peter)

[ワシントン 13日 ロイター] - トランプ米政権は、中国のアリババと騰訊控股(テンセント)、百度(バイドゥ)を投資禁止の対象となるブラックリストに追加する方針を撤回した。複数の関係筋が明らかにした。

ただ関係筋の1人は、他の中国企業の最大9社が週内にリストに追加されるとの見通しを示した。

アリババとテンセント、バイドゥの3社は、中国軍が所有もしくは支配していると見なされる企業のリストに追加が検討されていた。リストに指定されると、投資禁止の対象になる。

関係筋によると、対中政策で比較的穏健とされるムニューシン財務長官が反対し、計画を凍結したという。関係企業や米財務省、国務省、国防総省のコメントは得られていない。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^