大紀元時報

仏、夜間外出禁止令を午後6時開始へ 入国管理も強化

2021年01月15日 12時35分
フランスのカステックス首相は14日、新型コロナウイルス感染拡大ペース鈍化に向け、全国で実施している夜間外出禁止令の開始時間を午後6時に2時間前倒しすると発表した。16日から施行する。昨年12月撮影(2021年 ロイター/GONZALO FUENTES)
フランスのカステックス首相は14日、新型コロナウイルス感染拡大ペース鈍化に向け、全国で実施している夜間外出禁止令の開始時間を午後6時に2時間前倒しすると発表した。16日から施行する。昨年12月撮影(2021年 ロイター/GONZALO FUENTES)

[パリ 14日 ロイター] - フランスのカステックス首相は14日、新型コロナウイルス感染拡大ペース鈍化に向け、全国で実施している夜間外出禁止令の開始時間を午後6時に2時間前倒しすると発表した。16日から施行する。

さらに入国管理を強化し、週明け18日から、欧州連合(EU)域外からの入国者全員に新型コロナ検査での陰性証明と1週間の自主隔離を義務付けるとした。

学校の閉鎖はできる限り回避したいとしつつも、感染状況が悪化すれば、全土でロックダウン(都市封鎖)措置が再導入される可能性があるとした。

フランスでは新型コロナ感染症による死者が累計7万人に迫っており、世界で7番目に多い。

また保健当局者によると、英国で検出された感染力が強いとされる変異種の感染がフランスでも広がっており、新規感染の約1%を占めているという。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
" async> %>
^