大紀元時報

支持率に一喜一憂しない、コロナ対応に全力=加藤官房長官

2021年01月15日 20時00分

[東京 15日 ロイター] - 加藤勝信官房長官は15日午後の会見で、時事通信の世論調査で菅義偉内閣の支持率が不支持率を下回ったことに関して、一喜一憂せずに新型コロナウイルス対応に全力で当たるとの見解を示した。

加藤官房長官は「(コロナ問題で)必要な対策について万全を尽くす」とし、国民に対しても「感染防止に向けた協力をお願いしたい」と語った。

吉川貴盛元農相が収賄罪で在宅起訴されたことについては「大変残念だ」と語った。ただ、今後の公判を理由に具体的なコメントは控えるとした。

広島市が大規模なPCR検査を実施しようとしていることに対し、国として協力していくと述べた同日午前の会見内容に関しては「広島市から具体的な中身に関して、話が来ていない」と説明。国としてやれることは「協力していきたい」とし、財政的な支援の可能性に含みを持たせた。

(田巻一彦)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
" async> %>
^