大紀元時報

新型コロナ、WHOと中国の流行初期の対応巡り独立委が批判

2021年01月19日 15時00分
世界の新型コロナウイルス対応を精査する独立委員会は18日、新型コロナ流行初期のが昨年1月時点で、中国政府が感染拡大阻止に向けてより強力な措置を講じることが可能だったと指摘する中間報告書を公表した。写真は上海市の地下鉄で撮影(2021年 ロイター/Aly Song)
世界の新型コロナウイルス対応を精査する独立委員会は18日、新型コロナ流行初期のが昨年1月時点で、中国政府が感染拡大阻止に向けてより強力な措置を講じることが可能だったと指摘する中間報告書を公表した。写真は上海市の地下鉄で撮影(2021年 ロイター/Aly Song)

[ジュネーブ 18日 ロイター] - 世界の新型コロナウイルス対応を精査する独立委員会は18日、新型コロナ流行初期のが昨年1月時点で、中国政府が感染拡大阻止に向けてより強力な措置を講じることが可能だったと指摘する中間報告書を公表した。

さらに、WHOが同年1月末まで国際的な公共衛生上の緊急事態を宣言しなかったと批判した。

独立委はニュージーランドのクラーク元首相らで構成され、WHOの改革を要求している。

同委はさらに、人と人への感染を示す証拠が「多くの国で確認されたにもかかわらず、こうしたシグナルは無視された」と強調した。

WHOの緊急委員会が昨年1月第3週まで会合を持たず、緊急事態宣言を1月30日に開いた2回目の会合まで見送ったことに疑問を投じたほか、「パンデミック(世界的大流行)という文言の使用は、公衆衛生に関する事態の重大性に注意を向ける上で効果があるが、WHOは昨年3月11日まで使用しなかった」と指摘した。

「パンデミックに関する警告システムは目的を満たしていない」とし、WHOが新型コロナ対応という責務をこなす上で「力不足だった」と批判した。

独立委は「世界的なリセット」を呼び掛け、5月にWHO加盟の世界194カ国の保健相に提出する最終報告書で、WHOの改革を巡る提言を行う計画。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
" async> %>
^