大紀元時報

ワクチン担当閣僚の河野氏、職務は接種体制の整備「1日でも早く」

2021年01月19日 13時28分
1月19日 河野太郎行政改革・規制改革担当相(写真)は閣議後会見で、新たにワクチン担当の閣僚に任命されたことを受け、「安全で有効なワクチンを1人でも多く、1日でも早く接種できるよう全力を尽くす」と語った。写真は2020年9月、東京の首相官邸で撮影(2021年 ロイター/Issei Kato)
1月19日 河野太郎行政改革・規制改革担当相(写真)は閣議後会見で、新たにワクチン担当の閣僚に任命されたことを受け、「安全で有効なワクチンを1人でも多く、1日でも早く接種できるよう全力を尽くす」と語った。写真は2020年9月、東京の首相官邸で撮影(2021年 ロイター/Issei Kato)

[東京 19日 ロイター] - 河野太郎行政改革・規制改革担当相は19日の閣議後会見で、新たに任命されたワクチン担当の職務について、輸送や保管、会場の設定など、接種体制を整備することだと説明した。その上で、「安全で有効なワクチンを1人でも多く、1日でも早く接種できるよう全力を尽くす」と語った。

日本は2月下旬までに新型コロナウイルスのワクチン接種を開始することを目指している。河野氏は「今日から現状把握に入る」と述べ、厚生労働省など所管官庁のほか、関係業界と調整を進める考えを示した。ワクチン接種には製薬会社のほか、医師会、医薬品卸、物流業者など多くの関係者が関わることになる。

日本はこれまでに2億9000万回分の供給を受けることで複数の製薬会社と合意。原則として居住地の市町村で接種することとしており、保管するためのドライアイスや冷凍庫、医師や看護師、会場の確保などが必要となる。

(久保信博※)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
" async> %>
^