大紀元時報

中国各地で「染色ミカン」が発覚 「手が真っ赤に」数年前も確認

2021年01月25日 21時04分
染色されたミカンの皮に触れたために、手が赤く染まったと主張するネットユーザー(微博のスクリーンショット)
染色されたミカンの皮に触れたために、手が赤く染まったと主張するネットユーザー(微博のスクリーンショット)

中国国内メディアによれば、湖南省洛陽市や吉林省長春市、陝西省、湖北省など各地で1月下旬以降、添加剤で染色した「染色ミカン」が市場に出回っている。中国のSNSには、ミカンを手にした人々から「染料が付着した」と訴える写真や動画が投稿され、物議を醸している。

陝西省の西安栄養学会「暮らしの実験室」は、現地の5カ所で購入した8種類のミカンに対して実験を行ったところ、2種類のミカンが化学的に染色されていたことがわかった。

報道によれば、「ミカンを食べたら指が赤くなり、手を洗って皮をむいたら、指が再び赤く染まった。皮をティッシュで拭いたら、赤い色が拭き取れた。化学製品の異臭がする」という市民の声も上がった。

中国最大のSNS・微博(ウェイボー)にも、「昨日買ったミカンを食べた時、唇が皮に触れて、薬のように苦かった。あわててティッシュで拭いたら、ティッシュが赤く染まった」「前に箱買いしたミカンもそうだった。生後数カ月の子供にたくさん食べさせてしまった!」など、染色ミカンに関する投稿がある。

2020年4月、ある市民が撮影した動画には、工場のような建物のなかで、従業員がミカンに防腐剤と染料をつける過程を収めていた。撮影者は「見た目だけでモノを買ってはいけない」と注意を促した。

中国で生鮮食品の染色問題が明るみになるのは、今回が初めてではない。山東省済南市でも2017年、悪徳な果物卸売業者が、見栄えを良くするため、熟していないミカンに染色していたことを認めた。同年1月中旬、貴州省では「染色ネギ」が話題となった。ネギを手にした人々から「ティッシュで拭くと青い染料が移り、水で洗えば水が青くなった」というSNSでの書き込みが相次いだ。

(大紀元日本ウェブ編集部)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
" async> %>
^