大紀元時報

バイデン氏、イラン特使にマレー氏 核合意で交渉担う=高官

2021年01月29日 18時53分
米国のバイデン大統領は、イラン担当特使に外交政策に精通したロバート・マレー氏を起用することを決めた。写真は米オバマ政権のスタッフの一人として当時のケリー国務長菅とともに歩くマレー氏(左)。2015年3月20日にスイスのローザンヌで撮影。(2021年 ロイター/Brian Snyder)
米国のバイデン大統領は、イラン担当特使に外交政策に精通したロバート・マレー氏を起用することを決めた。写真は米オバマ政権のスタッフの一人として当時のケリー国務長菅とともに歩くマレー氏(左)。2015年3月20日にスイスのローザンヌで撮影。(2021年 ロイター/Brian Snyder)

[ワシントン 28日 ロイター] - 米国のバイデン大統領は、イラン担当特使に外交政策に精通したロバート・マレー氏を起用することを決めた。国務省高官が明らかにした。

マレー氏は、2015年に締結されたイラン核合意の交渉に関わったほか、クリントン政権でも中東政策を担当した。

関係筋によると、ブリンケン国務長官に直属するという。

トランプ前大統領はイラン核合意から一方的に離脱し、米国とイランの関係は悪化している。対イラン政策はバイデン政権の外交政策の中でも特に重要になるとみられている。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
" async> %>
^