大紀元時報

米、WTO改革に「積極的関与」 次期事務局長の選出検討

2021年01月30日 18時22分

[ジュネーブ 29日 ロイター] - 米国のデビッド・ビスビー在ジュネーブ代理公使は29日、米国が世界貿易機関(WTO)改革について、全加盟国と「前向きで建設的かつ積極的な関与」にコミットするとし、次期事務局長の選出についても検討していると述べた。

非公式のWTO閣僚会合で「米国はこれらの難しい問題全てに関与する用意がある」と指摘。次期事務局長の選出などについて「近い将来に進展があることを期待している」とした。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
" async> %>
^