大紀元時報

ミャンマーから日本人を帰国させる計画は現時点ではない=外務省

2021年02月01日 11時44分
外務省は1日、アウン・サン・スー・チー国家顧問(写真)と与党幹部が拘束されたミャンマーから、日本人を帰国させる計画は現時点ではないとロイターに対し明らかにした。資料写真、2017年3月撮影(2021年 ロイター/Soe Zeya Tun)
外務省は1日、アウン・サン・スー・チー国家顧問(写真)と与党幹部が拘束されたミャンマーから、日本人を帰国させる計画は現時点ではないとロイターに対し明らかにした。資料写真、2017年3月撮影(2021年 ロイター/Soe Zeya Tun)

[東京 1日 ロイター] - 外務省は1日、アウン・サン・スー・チー国家顧問と与党幹部が拘束されたミャンマーから、日本人を帰国させる計画は現時点ではないとロイターに対し明らかにした。ただ、現地の状況は「随時みている」としている。

ミャンマーでは、与党国民民主連盟(NLD)が地滑り的勝利を収めた昨年11月の総選挙を巡り、政府と国軍の対立が激化しクーデターの懸念が強まっていた。1日は選挙後初めて、議会が召集される予定だった。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
" async> %>
^