大紀元時報

仏、アストラゼネカ製コロナワクチン使用承認へ 国内3例目

2021年02月03日 12時26分
政府諮問機関のフランス高等保健機構(HAS)は2日、英製薬大手アストラゼネカが開発した新型コロナウイルスワクチンの使用を承認した。ロンドンで2014年4月撮影(2021年 ロイター/Stefan Wermuth)
政府諮問機関のフランス高等保健機構(HAS)は2日、英製薬大手アストラゼネカが開発した新型コロナウイルスワクチンの使用を承認した。ロンドンで2014年4月撮影(2021年 ロイター/Stefan Wermuth)

[パリ 2日 ロイター] - 政府諮問機関のフランス高等保健機構(HAS)は2日、英製薬大手アストラゼネカが開発した新型コロナウイルスワクチンの使用を承認した。米ファイザー・独ビオンテック製とモデルナ製に続き3例目。ただ、接種対象は65歳未満に限るとした。

HASは、既往歴がある50─65歳や医療関係者を優先すべきと指摘。「65歳以上のデータはまだ不十分だ。今後数週間以内に得たい」とした。

欧州連合(EU)の欧州委員会は1月29日、アストラゼネカ製ワクチンの使用を承認した。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
" async> %>
^