大紀元時報

ミャンマー、フェイスブックへの接続を遮断

2021年02月04日 14時23分
ミャンマー郵電公社(MPT)など同国のインターネットプロバイダーは2月4日、米フェイスブックが提供するサービスへの接続を遮断した。2020年1月撮影(2021年 ロイター/Dado Ruvic)
ミャンマー郵電公社(MPT)など同国のインターネットプロバイダーは2月4日、米フェイスブックが提供するサービスへの接続を遮断した。2020年1月撮影(2021年 ロイター/Dado Ruvic)

[4日 ロイター] - ミャンマー郵電公社(MPT)など同国のインターネットプロバイダーは4日、米フェイスブックが提供するサービスへの接続を遮断した。

同国では先にクーデターが発生。通信・情報省は「安定」を維持するため、今月7日までフェイスブックへの接続を遮断するとの声明を出した。

ネットワークを監視している団体ネットブロックスによると、MPTはフェイスブックのほか、フェイスブック・メッセンジャー、インスタグラム、ワッツアップへの接続を遮断した。

ノルウェーの通信会社テレノールも、指令に従い、フェイスブックへの接続を遮断したことを明らかにした。

フェイスブックの広報は「ミャンマーの人々が家族や友人と連絡を取り、重要な情報にアクセスできるよう、接続を元に戻すよう当局に要請する」と述べた。

ミャンマーでは人口5300万人の半数がフェイスブックを利用しており、多くの人にとってフェイスブックはインターネットの代名詞となっている。

通信・情報省は「現在、国の安定を脅かしている人間はフェイスブックを利用して、偽ニュース、偽情報を拡散させており、人々の間で誤解が生じている」と表明した。

テレノールは、指令に「重大な懸念」を表明。指令は3日、すべての携帯電話事業者・インターネットサービスプロバイダ―に出されたという。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
" async> %>
^