大紀元時報

五輪組織委の森会長、前日の「女性が」発言撤回 辞任は否定

2021年02月04日 16時07分
2月4日、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の森喜朗会長(写真)は、自身の前日の発言を撤回し、謝罪した。写真は1月都内での代表撮影(2021年/ロイター)
2月4日、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の森喜朗会長(写真)は、自身の前日の発言を撤回し、謝罪した。写真は1月都内での代表撮影(2021年/ロイター)

[東京 4日 ロイター] - 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の森喜朗会長は4日、自身の前日の発言を撤回し、謝罪した。一方、辞任する考えはないと明言した。

森会長は「オリンピック・パラリンピックの精神に反する不適切な表現で深く反省している」、「不愉快な思いをさせた方々にお詫び申し上げたい」と語った。

同会長は3日、日本オリンピック委員会(JOC)の評議員会で「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」などと述べ、発言が女性蔑視だとして国内外から批判が広がっていた。

(宮崎亜巳)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
" async> %>
^