大紀元時報

北朝鮮、アストラ製ワクチン200万回分確保へ=聯合ニュース

2021年02月04日 17時27分
北朝鮮は6月までに英アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチン約200万回分を受け取る見込み。写真は、インドの血清研究所で製造されたアストラゼネカ社製のワクチン。2021年1月21日にネパール・カトマンズで撮影。(2021年 ロイター/Navesh Chitrakar)
北朝鮮は6月までに英アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチン約200万回分を受け取る見込み。写真は、インドの血清研究所で製造されたアストラゼネカ社製のワクチン。2021年1月21日にネパール・カトマンズで撮影。(2021年 ロイター/Navesh Chitrakar)

[4日 ロイター] - 北朝鮮は6月までに英アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチン約200万回分を受け取る見込み。韓国の聯合ニュースが4日、「COVAXファシリティー」の報告書を基に報じた。

COVAXは新型コロナワクチンの公平な分配を目指す枠組み。

インドのセラム・インスティチュート・オブ・インディアが生産したワクチン199万2000回分をCOVAXが上半期中に北朝鮮に供給するという。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
" async> %>
^