大紀元時報

中国美大教授、ミッフィーを剽窃 「キャラクターは公共物」

2021年02月08日 22時14分
上の写真は美大教授による盗作。ミッフィーにアヒルのくちばしをつけただけ(微博)
上の写真は美大教授による盗作。ミッフィーにアヒルのくちばしをつけただけ(微博)

中国広東省・広州美術学院の馮峰教授の作品が、オランダの作家ディック・ブルーナ氏の「ミッフィー」を盗用しているとして、先月から物議を醸している。同教授は一度は疑惑を否定したが、「ミッフィー」側は6日の声明で、同作品の永久使用停止を発表した。

「ミッフィー」は声明で、「アーティストの馮氏は、自主的にミッフィーの著作権所有者であるMercis bv社に問題の作品を引き渡し、また3月まで予定されていた展覧会も中止された」と同氏による同作品の使用の永久停止を発表した。

今年1月、中国8大美術大学の一角を占める、広東省・広州美術学院の教授である馮峰氏が個展を開いた。展示されたウサギのキャラクターの容貌が、あの世界で最も有名なウサギの1つでもある「ミッフィー」とそっくりだと指摘された。 ミッフィーとは、オランダの作家ディック・ブルーナ(Dick Bruna)氏が、1955年に創作した同国の著名な商標、キャラクターである。

1月16日、「ミッフィー」は声明で、「ミッフィーのすべてはディック・ブルーナ氏によって手描きされている」と馮峰氏の作品が盗作である可能性を指摘した。

馮氏は同日、中国SNSのウェイボー(微博)で、「大衆に親しまれ、社会的に広く認知された商業的シンボルはすべて、公共物であり、研究の対象である」とし、著作権や知的財産権の侵害については「それは法が決めることだ」と弁解した。

同氏はさらにその翌日にも、「誰もが芸術家だ」と投稿した。

馮氏の作品について、「ミッフィー」にアヒルのくちばしをつけただけで、ティーセット、食べ物の数量、服装まで構図が全く同じだとの指摘もある。馮氏はその作品の一つに「私はミッフィーに似ていると言われたこともある」と命名したという。

あるウェイボーユーザーは「言葉を失った。これはあまりにも赤裸々過ぎる」と馮氏の開き直った態度に落胆した様子だった。

中国では芸術作品の剽窃は昔から存在している。 2019年5月にも、中国の四川美術学院教授である葉永青氏が、ベルギーの芸術家クリスチャン・シルバン(Christian Silvain)氏の1990年代の作品を模倣し、アート市場で1億元(十数億円)以上を稼いだ。

葉氏は後に、「このアーティストは私に大きな影響を与えてくれた。この方と連絡を取ろうとしている」と答えた。

湖北美術学院の院長である徐勇民氏の絵画作品も、1930年代の画家である陸志庠氏のスケッチとほぼ同じであることが判明した。これに対し、ネットユーザーは「スケッチして色を塗れば自分の作品になるのか」と非難した。

さらに近年では、西安美術学院の教師によるドイツの大会での受賞作2点が、英国のイラストレーターの作品の盗作とされた。

(大紀元日本ウェブ編集部)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
" async> %>
^