大紀元時報

テスラのマスク氏、二酸化炭素削減コンテストに1億ドル提供

2021年02月09日 13時53分
米電気自動車(EV)メーカー、テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は8日、二酸化炭素削減技術の開発を競う世界的なコンテストに1億ドルを提供すると発表した。ベルリンで昨年12月撮影(2021年 ロイター/HANNIBAL HANSCHKE)
米電気自動車(EV)メーカー、テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は8日、二酸化炭素削減技術の開発を競う世界的なコンテストに1億ドルを提供すると発表した。ベルリンで昨年12月撮影(2021年 ロイター/HANNIBAL HANSCHKE)

[8日 ロイター] - 米電気自動車(EV)メーカー、テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は8日、二酸化炭素削減技術の開発を競う世界的なコンテストに1億ドルを提供すると発表した。

コンテストを主催するXプライズによると、詳細なガイドラインは4月22日(アースデー)に発表され、コンテストは2025年4月22日まで4年間開催される。

コンテスト開始から1年半後には上位15チームに100万ドルが授与されるほか、学生25チームにも20万ドルの奨学金が与えられる。

大賞受賞チームには5000万ドル、2位に2000万ドル、3位に1000万ドルが贈られる。

コンテストで勝利するためには「二酸化炭素を大気や海洋から直接的に排除し、環境に優しく安全かつ持続的に行える技術の開発・実証が求められる」(Xプライズ)とした。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
" async> %>
^