大紀元時報

南ア、アストラゼネカ製ワクチン「段階的」利用 重症化防止検証

2021年02月09日 13時51分
南アフリカ政府の新型コロナウイルス感染対策を担うサリム・アブドル・カリム氏は8日、英製薬大手アストラゼネカ製ワクチンについて、重症化防止の有効性を確かめるために「段階的に」利用していくと述べた。英ベイジングストークで4日撮影(2021年 ロイター/PETER CZIBORRA)
南アフリカ政府の新型コロナウイルス感染対策を担うサリム・アブドル・カリム氏は8日、英製薬大手アストラゼネカ製ワクチンについて、重症化防止の有効性を確かめるために「段階的に」利用していくと述べた。英ベイジングストークで4日撮影(2021年 ロイター/PETER CZIBORRA)

[ジュネーブ/ヨハネスブルク 8日 ロイター] - 南アフリカ政府の新型コロナウイルス感染対策を担うサリム・アブドル・カリム氏は8日、英製薬大手アストラゼネカ製ワクチンについて、重症化防止の有効性を確かめるために「段階的に」利用していくと述べた。

南ア政府は7日、アストラゼネカ製ワクチンについて、同国で最初に見つかった変異株に対する効果が弱まるとの臨床試験(治験)結果が判明したため、近く開始するワクチン接種計画での使用を見送ると発表した。

アブドル・カリム氏は世界保健機関(WHO)の会見で、アストラゼネカ製ワクチンについて、高齢者が変異株に感染した場合の十分なデータがないため、重症化防止に有効かまだ判断できないとし、「入院の防止や症状軽減に効果がない可能性があるワクチンを国民に接種することは避けたい」と述べた。

その上で、南アはアストラゼネカ製ワクチンの代わりに米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)製ワクチンを利用するため、ワクチン接種計画に大きな影響は出ないと述べた。

公平なワクチン供給を目的とした国際的な枠組み「COVAX」を共同運営する官民組織「GAVIアライアンス」のセス・バークレー事務局長は、この件については現在検証が進められており、現時点でアストラゼネカ製ワクチンを排除する計画はないと述べた。

また、南アの治験では1回目の接種と2回目の接種の間隔が4週間に設定されていたが、その後、アストラゼネカ製ワクチンは間隔が長い方が効果が大きくなることが示されていると述べた。

南アのアストラゼネカ製ワクチン治験を主導するシャビール・マディ教授はロイターに対し、アストラゼネカ製ワクチンは南アだけでなく、世界各国で主要な役割を果たせると指摘。南アにすでに到着しているアストラゼネカ製ワクチン100万回分は4月に期限が切れるため、すぐにも利用を開始したいとし、「安全性が確認されている100万回分のワクチンを少なくとも高リスクグループに接種しないのは理にかなわない」と述べた。

マディ教授は、アストラゼネカ製ワクチンはJ&J製と類似の技術を利用しているため、重症化の予防に効果がある公算が大きいとしている。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
" async> %>
^