大紀元時報

英、渡航規制違反に禁錮と罰金刑 コロナ変異株対策

2021年02月10日 11時23分
英国のハンコック保健相は9日、ワクチンが有効でない恐れがある新型コロナウイルス変異株に対応するため、禁錮刑と罰金刑を伴う厳しい国境管理策を15日に導入すると発表した。ロンドンで1月撮影(2021年 ロイター/HENRY NICHOLLS)
英国のハンコック保健相は9日、ワクチンが有効でない恐れがある新型コロナウイルス変異株に対応するため、禁錮刑と罰金刑を伴う厳しい国境管理策を15日に導入すると発表した。ロンドンで1月撮影(2021年 ロイター/HENRY NICHOLLS)

[ロンドン 9日 ロイター] - 英国のハンコック保健相は9日、ワクチンが有効でない恐れがある新型コロナウイルス変異株に対応するため、禁錮刑と罰金刑を伴う厳しい国境管理策を15日に導入すると発表した。

ハンコック保健相は議会で「所在確認の書類に虚偽を記載したり、英国入国前10日間に感染拡大が深刻な『レッドリスト』指定地域に滞在したことを隠したりした場合、最高10年の禁固刑が科される」と述べた。

罰金が科される場合の上限は1万ポンド(1万4000ドル)。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
" async> %>
^