大紀元時報

日米外相、ミャンマー巡り電話会談 デモ隊への発砲「強く非難」

2021年02月11日 11時47分
茂木敏充外相(写真)とブリンケン米国務長官が10日、電話会談し、軍事クーデターが起きたミャンマー情勢などについて意見交換した。ブラジリアで1月撮影(2021年 ロイター/ADRIANO MACHADO)
茂木敏充外相(写真)とブリンケン米国務長官が10日、電話会談し、軍事クーデターが起きたミャンマー情勢などについて意見交換した。ブラジリアで1月撮影(2021年 ロイター/ADRIANO MACHADO)

[東京 11日 ロイター] - 茂木敏充外相とブリンケン米国務長官が10日、電話会談し、軍事クーデターが起きたミャンマー情勢などについて意見交換した。両外相はミャンマー治安当局によるデモ隊への発砲を強く非難し、民間人に対する暴力的対応を停止するよう求めることで一致した。

外務省によると、「自由で開かれたインド太平洋」の実現のため、日米豪印の連携を着実に強化していくことでも一致した。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
" async> %>
^