大紀元時報

中国新華社、NYタイムズスクウェアで「中国がウイルスとの戦いを主導」と広告

2021年02月28日 14時22分
2020年3月2日、ニューヨーク・タイムズスクエアの新華社通信のスクリーン広告(Reuters/Andrew Kelly)
2020年3月2日、ニューヨーク・タイムズスクエアの新華社通信のスクリーン広告(Reuters/Andrew Kelly)

中国国営メディアの新華社通信はこのほど、ニューヨークのタイムズスクエアのスクリーンに「中国が中共ウイルス(新型コロナ)との戦いで世界を主導している」という内容の広告を出した。中国は今月、ウイルスの起源を調査するために武漢を訪れていたWHOに対して、生の患者データの共有を拒否していた。

中国共産党の代弁者である新華社通信は、2011年からタイムズスクエアで大型スクリーンをリースし、中国政府のために宣伝活動を行っている。

最近の広告では、「中国は80以上の国と地域を支援した。これからも国際社会と協力してウイルスと戦い続ける」などと主張し、イタリア、韓国、日本などの写真を載せている。

複数の報道によると、WHO関係者や調査チームの専門家らは、中国政府が中共ウイルスの起源調査への協力に抵抗し続けていると不満を表明した。

バイデン政権の国家安全保障担当補佐官ジェイク・サリバン氏は、WHOが武漢での調査を終えた後の声明で、「私たちは、COVID-19の調査における初期の調査結果がどのように伝えられたのかについて、深い懸念を抱いている。また、調査結果に至るまでのプロセスについても疑問がある」「このパンデミックをよりよく理解し、次のパンデミックに備えるために、中国は感染拡大の初期のデータを公開しなければならない」と述べた。

サリバン氏はCBSのインタビューで、「このパンデミックがどのようにして中国で、そして最終的には世界中に広がったのかについて、我々は中国が十分な生のデータを提供したとは考えていない。WHOも中国もこの問題に関して、さらに努力すべきだと思う」と語った。

海外の中国語メディアの報道によると、一部のネットユーザーは新華社通信のタイムズスクエアでの広告にコメントした。あるコメントは、「欧米諸国が中国で民主主義の広告を出すことはできないが、中国は欧米諸国で嘘を広め、広告が所在する国に恥をかかせることさえできる。欧米諸国はこの抜け穴を塞ごうとしていない。(中国共産党から)お金をもらうことだけに目を向けていると、惨めな結末を迎えることになる」と書いている。

タイムズスクエアの新華社通信の広告に関して、リック・スコット米上院議員(共和党・フロリダ州)は、「中国共産党が嘘とプロパガンダを流すのを許してもいいと思ったのは誰だ?タイムズスクエアがいわゆる『チャイナ・スクリーン』を中止する時が来た」とツイッターに書いた。

 

FOXニュースの報道によると、タイムズスクエアにあるこの「チャイナ・スクリーン」は、シャーウッド・エクイティの子会社であるシャーウッド・アウトドア(Sherwood Outdoor)が所有し、新華社通信がリースしている。契約期間や更新の有無は不明だ。

中共ウイルスは2019年12月までに中国武漢で発生した。2021年2月25日現在、世界中で1億1298万人が感染し、250万人が死亡している。中国政府の統計は不透明なため、中国の感染者・死亡者数は操作されていると見られる。

(大紀元日本ウェブ編集部)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
" async> %>
^