大紀元時報

改正種苗法施行 「あまおう」など海外持出し禁止に 農水省が1975品種の対象品種発表

2021年04月09日 16時45分
日本の高級フルーツは海外で高値で販売されている。写真は香港で販売されている日本産のイチゴ(Photo credit should read ANTHONY WALLACE/AFP via Getty Images)
日本の高級フルーツは海外で高値で販売されている。写真は香港で販売されている日本産のイチゴ(Photo credit should read ANTHONY WALLACE/AFP via Getty Images)

農林水産省は9日、日本国内で開発されたブランド果実などの種や苗木を海外へ不正に持ち出すことを禁じた改正種苗法の施行に伴い、持ち出し禁止の対象となる1975品種を発表した。農林水産省の「品種登録ホームページ」に掲載された。北海道のブランド米「ゆめぴりか」や福岡県のイチゴ「あまおう」、高級ブドウ「シャインマスカット」などが対象となっており、日本の知的財産が海外へ流出するのを防ぐ。

関連報道:中国の「海南和牛」、日本人専門家が品種改良に技術支援か 20年前から

昨年12月2日、加藤官房長官は改正法成立後の記者会見で、「種苗法改正は、我が国の優良な品種の海外への流出を防止する措置を講じるもの。農産物の輸出促進を図るうえでも大きな意義を有していると考えている」と述べた。

日本の商品作物は付加価値が高く、以前より国外に持ち出され、海外で栽培されることが問題となっていた。今回の法整備は、そのような行為に対する歯止め効果が期待されている。

対象となっている品種を海外に持ち出すことは原則禁止となり、違反した場合、個人には10年以下の懲役や1千万円以下の罰金が科され、法人の場合には3億円以下の罰金が科される。

(王文亮)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
" async> %>
^