大紀元時報

マドフ受刑者が死去、巨額詐欺事件で禁錮150年

2021年04月15日 13時24分
4月14日、史上最大の金融詐欺事件で服役中だったバーナード・マドフ受刑者(写真)が死去した。82歳だった。写真は2009年1月、ニューヨークの裁判所で撮影(2021年 ロイター/Brendan McDermid)
4月14日、史上最大の金融詐欺事件で服役中だったバーナード・マドフ受刑者(写真)が死去した。82歳だった。写真は2009年1月、ニューヨークの裁判所で撮影(2021年 ロイター/Brendan McDermid)

[ニューヨーク 14日 ロイター] - 史上最大の金融詐欺事件で服役中だったバーナード・マドフ受刑者が14日、死去した。82歳だった。

連邦刑務所局の報道官が明らかにした。自然死とみられる。末期の腎臓病などを患っていた。

推定648億ドル規模の詐欺で2009年に禁錮150年の刑を言い渡されていた。典型的なねずみ講詐欺で、新規顧客の投資資金を既存投資家への配当に回していた。被害者には、慈善団体、年金基金、ヘッジファンドのほか、俳優や野球選手など著名人も含まれていた。

マンハッタンに証券会社を設立。一時はナスダック最大のマーケットメーカー(値付け業者)として、ナスダックの非常勤会長も務め、ウォール街で成功を収めた人物として信頼を集めていた。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
" async> %>
^