大紀元時報

ミャンマー民主派、「沈黙のストライキ」呼び掛け

2021年04月16日 22時16分
ミャンマーの民主派は16日、「沈黙のストライキ」を呼び掛けた。写真は軍事クーデターに抗議する人々、Dawei Watch提供、13日撮影(2021年 ロイター)
ミャンマーの民主派は16日、「沈黙のストライキ」を呼び掛けた。写真は軍事クーデターに抗議する人々、Dawei Watch提供、13日撮影(2021年 ロイター)

[16日 ロイター] - ミャンマーの民主派は16日、「沈黙のストライキ」を呼び掛けた。国軍が2月1日のクーデターで実権を掌握して以来、デモ弾圧で700人以上が死亡しており、外出を控えて犠牲者を悼み、外出する場合は黒を着ることで抗議の意思を示そうとしている。

市民の多くはこれまで連日、街頭で抗議活動を繰り広げており、治安部隊による弾圧が強まるなか、民主活動家は新たな抗議方法を提案している。

デモを主導するEi Thinzar Maung氏はフェイスブックのページで「道路を沈黙させよう」と呼び掛け、沈黙で強いメッセージを発信できると強調した。

16日は、「ティンジャン(ミャンマー正月)」の3日目。大半の市民は通常の祝賀をやめて抗議に力をいれている。

ラジオ・フリー・アジアによると、中部ミンジャンでは前夜に2人が射殺された。国軍報道官のコメントは得られていない。

国軍は軍部隊の任務放棄を促す行為を違法とする法律に基づき200人以上を指名手配し、名前も公表。また、15日は主要なデモ主催者のほか、クーデターを非難した俳優や歌手を逮捕した。

オンラインメディアの「ミャンマー・ナウ」は兵士らが15日遅くに第2の都市マンダレーの有名な僧院を強制捜査し、2人を逮捕したと報じた。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
" async> %>
^