大紀元時報

インド、5月1日から18歳以上の全国民にワクチン接種へ

2021年4月20日 08時47分
インド政府は19日、新型コロナウイルスワクチン接種対象者を5月1日から18歳以上の全国民に広げると発表した。アーメダバードで14日撮影(2021年 ロイター/Amit Dave)
インド政府は19日、新型コロナウイルスワクチン接種対象者を5月1日から18歳以上の全国民に広げると発表した。アーメダバードで14日撮影(2021年 ロイター/Amit Dave)

[ニューデリー 19日 ロイター] - インド政府は19日、新型コロナウイルスワクチン接種対象者を5月1日から18歳以上の全国民に広げると発表した。

感染第2波への対応を巡って批判が強まっているモディ政権は、ワクチン製造業者が今後供給分の50%を連邦政府に直接納入するよう義務付け、残りを州政府とあらかじめ表明した価格で市場に配分するとしている。

インドは19日までに約1億2390万回分の接種を行っており、これは米国と中国に次いで世界3番目の規模だが、人口数でみた接種率ではまだかなり低い。

一方19日の新規感染者は過去最大の27万3810人を記録。累計で1500万人を突破して世界第2位となっている。死者数も最悪の1619人で、累計は17万8769人に達した。病床や酸素吸入器、重要医薬品なども不足も深刻な状態だ。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
^