大紀元時報

ブラジル、若年層でコロナ感染拡大 死者数急増=報告書

2021年4月24日 11時59分
4月23日、 ブラジルの国立生物医学研究所、オズワルドクルズ財団(FIOCRUZ)の報告書で、ブラジルの若年層で新型コロナウイルス感染が拡大しており、今年に入り20歳代の死者が最も増加していることが分かった。写真は4月8日、サン・パウロの病院で手当を受ける新型コロナ感染患者(2021年 ロイター/Amanda Perobelli)
4月23日、 ブラジルの国立生物医学研究所、オズワルドクルズ財団(FIOCRUZ)の報告書で、ブラジルの若年層で新型コロナウイルス感染が拡大しており、今年に入り20歳代の死者が最も増加していることが分かった。写真は4月8日、サン・パウロの病院で手当を受ける新型コロナ感染患者(2021年 ロイター/Amanda Perobelli)

[ブラジリア 23日 ロイター] - ブラジルの国立生物医学研究所、オズワルドクルズ財団(FIOCRUZ)が23日発表した報告書によると、ブラジルの若年層で新型コロナウイルス感染が拡大しており、今年に入り20歳代の死者が最も増加しているという。

報告書によると、20─29歳の新型コロナ感染による死者数は年初から4月前半までで1000%以上増加。30─39歳の死者数は819%、40─49歳の死者数は933%急増しているという。

ワクチン普及の遅れや不完全な制限措置、感染力の強い変異株などが要因となっている。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
^