大紀元時報

ミャンマー情勢巡るASEAN合意、市民から批判の声

2021年4月26日 10時19分
4月25日、ミャンマー情勢を巡り、東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳らと国軍トップが現在の危機的な状況を終わらせることで合意したことについて、同国の市民や人権保護活動家からは、具体的な実施時期が不明だなどと批判的な声が出ている。ミャンマーのミン・アウン・フライン国軍総司令官を批判する札を用意する女性、24日にインドネシアのジャカルタで撮影(2021年 ロイター/Antara Foto/Dhemas Reviyanto)
4月25日、ミャンマー情勢を巡り、東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳らと国軍トップが現在の危機的な状況を終わらせることで合意したことについて、同国の市民や人権保護活動家からは、具体的な実施時期が不明だなどと批判的な声が出ている。ミャンマーのミン・アウン・フライン国軍総司令官を批判する札を用意する女性、24日にインドネシアのジャカルタで撮影(2021年 ロイター/Antara Foto/Dhemas Reviyanto)

[25日 ロイター] - ミャンマー情勢を巡り、東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳らと国軍トップが現在の危機的な状況を終わらせることで合意したことについて、同国の市民や人権保護活動家からは、具体的な実施時期が不明だなどと批判的な声が出ている。ミャンマーの主要都市では25日も抗議活動が続いた。

ASEANは24日、インドネシアの首都ジャカルタで首脳会議を開催し、ミャンマー情勢への対応を協議した。クーデターを起こしたミャンマー軍のミン・アウン・フライン総司令官も出席した。

会議後に公表された声明よると、1)暴力を停止すること、2)すべての当事者が建設的な対話をすること、3)対話を促すためにASEANの特使を派遣すること、4)援助を受け入れること、5)特使を受け入れること──の5点に合意した。

合意5項目の中に拘束中の政治犯への言及はない。ただ、声明は、会議中に政治犯の釈放を求める声が出たとしている。

複数の関係者によると、声明草案には当初、合意項目のひとつとして政治犯の釈放要求が盛り込まれていたが、最終案ではその部分が骨抜きになった。

ソーシャルメディアへの投稿には「ASEANの声明は、軍により虐待・殺害され、脅かされてきた市民の顔に平手打ちをするようなものだ」といった批判や、「700人以上の罪のない人々の命の代償を誰が払うのか」など怒りの声がみられた。

国際人権団体「ヒューマン・ライツ・ウォッチ(HRW)」のフィル・ロバートソン氏は、首脳会議にミャンマーを代表して首席したのが軍トップだけだったことは遺憾だと述べ、「ミャンマーの人々は、代表として会議に招待されなかっただけでなく、ASEANが達成したと自画自賛しているコンセンサスの外に取り残されてしまった」と指摘した。

その上で、「行動のための明確なタイムラインがないことや、決定や計画を実行に移すという点でのASEANの弱点を踏まえると、見過ごしてはならない懸念がある」と説明した。

一方、ミャンマーの民主派でつくる挙国一致政府(NUG)は、首脳会合の合意を「歓迎する」との声明を発表し、軍事政権に順守を求めた。広報を担当するドクター・ササは、「合意を履行し、ミャンマーの民主化回復に向けたASEANの行動に期待する」と語った。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
^