大紀元時報

ファイザー製ワクチン、接種1回では変異株への免疫不十分=英調査

2021年5月2日 18時31分
4月30日、米ファイザーと独ビオンテックが共同開発した新型コロナウイルスワクチンについて、感染歴がない場合、1回のみの接種では変異株に対する十分な免疫が得られない可能性があることが英インペリアル・カレッジの調査で分かった。写真は2月9日撮影(2021年 ロイター/Dado Ruvic)
4月30日、米ファイザーと独ビオンテックが共同開発した新型コロナウイルスワクチンについて、感染歴がない場合、1回のみの接種では変異株に対する十分な免疫が得られない可能性があることが英インペリアル・カレッジの調査で分かった。写真は2月9日撮影(2021年 ロイター/Dado Ruvic)

[ロンドン 30日 ロイター] - 米ファイザーと独ビオンテックが共同開発した新型コロナウイルスワクチンについて、感染歴がない場合、1回のみの接種では変異株に対する十分な免疫が得られない可能性があることが英インペリアル・カレッジの調査で分かった。

調査では、接種を受けた医療関係者の免疫反応を追跡。1回目の接種後、以前に新型コロナに感染した人は、無症状であっても英国と南アフリカ型で検出された変異株の双方に対し十分な免疫を獲得していたが、感染歴のない人では十分な免疫反応が見られなかった。調査チームは、感染歴がない人は1回のみの接種では変異株に対するリスクにさらされる恐れがあるとしている。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
^