大紀元時報

米、北朝鮮非核化に向け「現実的な」外交模索へ 大型取引目指さず

2021年5月1日 10時34分
4月30日、米ホワイトハウスはバイデン大統領が北朝鮮の非核化に向け、外交を模索するものの、金正恩朝鮮労働党委員長との「グランドバーゲン(大型取引)」は求めていないと明らかにした。写真は2014年12月、ジュネーブで撮影(2021年 ロイター/Denis Balibouse)
4月30日、米ホワイトハウスはバイデン大統領が北朝鮮の非核化に向け、外交を模索するものの、金正恩朝鮮労働党委員長との「グランドバーゲン(大型取引)」は求めていないと明らかにした。写真は2014年12月、ジュネーブで撮影(2021年 ロイター/Denis Balibouse)

[米大統領専用機上 30日 ロイター] - 米ホワイトハウスは30日、バイデン大統領が北朝鮮の非核化に向け、外交を模索するものの、金正恩朝鮮労働党委員長との「グランドバーゲン(大型取引)」は求めていないと明らかにした。

サキ報道官は、政府高官らによる対北朝鮮対策の見直しが完了したと明らかにし、北朝鮮の完全な非核化が引き続き目標と強調。バイデン政権の政策の焦点は「グランドバーゲンの達成でも、戦略的な忍耐でもない」とし、北朝鮮との外交への門戸を開き、模索するための「適切に調整された現実的なアプローチ」を取り、米国と同盟国の安全保障を高める「現実的な進展」を目指すと述べた。

同盟国との協議以外に、米政権の次の動きに関する詳細には踏み込まなかった。

また、北朝鮮の非核化協議復帰に向け、譲歩案を提示するかどうかについても明らかにしなかった。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
^