大紀元時報

米ガソリン先物が3年ぶり高値、パイプラインへのサイバー攻撃で

2021年5月10日 13時23分
5月9日、米ガソリン先物が取引で3%超上昇し、1ガロン=2.217ドルと2018年5月以来の高値を付けた。ニュージャージー州のコロニアル・パイプラインのタンク。提供写真(2021年 ロイター)
5月9日、米ガソリン先物が取引で3%超上昇し、1ガロン=2.217ドルと2018年5月以来の高値を付けた。ニュージャージー州のコロニアル・パイプラインのタンク。提供写真(2021年 ロイター)

[ニューヨーク 9日 ロイター] - 米ガソリン先物が9日の取引で3%超上昇し、1ガロン=2.217ドルと2018年5月以来の高値を付けた。米パイプライン最大手のコロニアル・パイプラインが、サイバー攻撃を受けて操業を全面的に停止したことが材料になっている。

ジェット燃料やディーゼル燃料の価格を反映する米ヒーティングオイル先物は、2020年1月以来の高値に上昇。

コロニアル・パイプラインは、メキシコ湾岸の製油所と米東部と南部を結ぶ全長8850キロのパイプライン。ガソリンを含む燃料を1日250万バレル輸送している。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
^