大紀元時報

米当局、マレーシアのトップ社ゴム手袋押収 強制労働で禁輸措置

2021年5月13日 15時34分
5月13日、米税関・国境取締局(CBP)は、カンザスシティー港湾当局者がマレーシアのゴム手袋世界最大手、トップ・グローブのゴム手袋を押収したと発表した。写真はマレーシア・シャーアラムにある同社の工場。2020年8月撮影(2021年 ロイター/Lim Huey Teng)
5月13日、米税関・国境取締局(CBP)は、カンザスシティー港湾当局者がマレーシアのゴム手袋世界最大手、トップ・グローブのゴム手袋を押収したと発表した。写真はマレーシア・シャーアラムにある同社の工場。2020年8月撮影(2021年 ロイター/Lim Huey Teng)

[クアラルンプール 13日 ロイター] - 米税関・国境取締局(CBP)は13日、カンザスシティー港湾当局者がマレーシアのゴム手袋世界最大手、トップ・グローブのゴム手袋を押収したと発表した。

米当局は昨年、トップ・グローブで強制労働が行われていることを示す合理的な証拠が見つかったとし、同社製品の輸入を禁止した。

CBPは468万組のゴム手袋を押収したと発表。推計価値は69万ドル。今月5日にも397万組(推計51万8000ドル)のニトリル手袋を押収している。

トップ・グローブはコメントの要請に応じていない。

新型コロナの感染拡大でゴム手袋の需要は世界的に増えている。トップ・グローブは先月、米当局からの強制労働の指摘について、調査を依頼した英コンサルティング会社インパクトの報告書を引き合いに出し、強制労働を示す兆候は全て解消されたと発表した。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
^