大紀元時報

インドや南ア型など変異株4種、アメリカ大陸全域で検出=WHO

2021年5月14日 08時47分
5月13日、世界保健機関(WHO)の感染症専門家は最も懸念されている4種類の新型コロナウイルス変異株について、事実上、南北アメリカ大陸のぼぼ全域で検出されたと明らかにした。ニューデリーで医療用酸素ボンベを運搬する人々(2021年 ロイター/Adnan Abidi)
5月13日、世界保健機関(WHO)の感染症専門家は最も懸念されている4種類の新型コロナウイルス変異株について、事実上、南北アメリカ大陸のぼぼ全域で検出されたと明らかにした。ニューデリーで医療用酸素ボンベを運搬する人々(2021年 ロイター/Adnan Abidi)

[ブラジリア 13日 ロイター] - 世界保健機関(WHO)の感染症専門家は13日、最も懸念されている4種類の新型コロナウイルス変異株について、事実上、南北アメリカ大陸のぼぼ全域で検出されたと明らかにした。これらの変異株はより感染力が強いことは確認されているが、死亡率が従来型より高いかはまだ分かっていないと説明した。

WHOのJairo Mendez氏はオンラインセミナーで、南北アメリカ大陸で接種が進むワクチンは変異株に対してより効果があると指摘した。

ただ「ワクチン接種により発病しなくなった人が、他の人にウイルスを広めてしまう可能性があるかについては、まだ分からない」という。

インドで検出された新たな変異株「B.1.617」型は、カナダや米国など南北アメリカ大陸8カ国で検出された。

パナマやアルゼンチンでは、インドや欧州からの入国者から検出された。カリブ海地域では、アルーバ、セント・マーチン、グアドループで検出されたという。

英国で広がる「B.117」型は、南北アメリカ大陸の34カ国・地域、南アフリカの「B.1.351」型は17カ国・地域でそれぞれ検出された。ブラジルの「P.1」型は21カ国で検出されたという。

Mendez氏は「これらの変異株は感染力が強いことが分かっているが、それに伴う影響については分かっていない」と述べ、「唯一の懸念事項は、より急速に感染が広がることだ」と指摘した。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
^