大紀元時報

米、中国が核兵器巡る協議を拒否と非難 中国は反論

2021年5月19日 08時40分
米国のロバート・ウッド軍縮大使は18日、国連軍縮会議の核戦争防止を巡る協議で、中国は核兵器を巡る米国との協議を拒否していると述べた。 写真は4月14日、上海で撮影(2021年 ロイター/Aly Song//File Photo)
米国のロバート・ウッド軍縮大使は18日、国連軍縮会議の核戦争防止を巡る協議で、中国は核兵器を巡る米国との協議を拒否していると述べた。 写真は4月14日、上海で撮影(2021年 ロイター/Aly Song//File Photo)

[ジュネーブ 18日 ロイター] - 米国のロバート・ウッド軍縮大使は18日、国連軍縮会議の核戦争防止を巡る協議で、中国は核兵器を巡る米国との協議を拒否していると述べた。

ウッド大使は「中国は大幅に核兵器を増加させているにもかかわらず、残念なことに核リスクの低減に向けた米国との二国間交渉を拒否し続けている」と指摘。米国はロシアと協議しているが、中国はこれまでのところ同様の協議に取り組む姿勢を示していないとし、「こうした状況が変わることを望んでいる」と述べた。

これに対し中国代表は、中国には対話の用意があると表明。「核リスクを低減し、世界の戦略的な安全保障に貢献するための効果的な措置をともに模索する用意がある」と語った。

米国とロシアは2月、米ロ間に唯一残された核軍縮条約である新戦略兵器削減条約(新START)を5年間延長することで合意。

米ロ首脳は近く予定される会談で軍縮と安全保障のほか、戦略核の安定性などについて協議するとみられている。ウッド大使は、こうした二国間協議が核軍縮と将来的な軍縮条約の土台になることを願っていると述べた。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
^