大紀元時報

欧州議会議員ら、ロシア北極圏LNG計画への支援停止を仏独伊に要求

2021年5月20日 13時50分

[ロンドン 19日 ロイター] - 欧州議会の緑の党を中心とするグループは19日、ドイツ、フランス、イタリア各国の首脳に対し、ロシアの北極圏における液化天然ガス(LNG)プロジェクトを支援しないよう文書で訴えた。

このプロジェクトは「アークティックLNG2」と呼ばれ、開発費は210億ドル。ロシアのガス大手ノバテクが主導し、仏トタルを含む世界的資源メジャーも出資している。2023年にLNG施設が完成し、最大生産能力は26年に年間2000万トン近くに達する見通しだ。

今年11月に英スコットランドで国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)が開催される予定だが、緑の党は「COP26の前に、仏独伊はLNGプロジェクトへの金銭的支援を停止し、化石燃料輸出に関する全ての財政支援を終わらせ、新規制を設けることを要求する」としている。

ロイターは昨年9月、このLNGプロジェクトに対し、仏公的投資銀行(Bpifrance)、独ユーラーヘルメス、伊の輸出信用保険会社SACEなどを含む政府系の国際金融機関が計95億ドルの支援を検討していると報じた。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
^